大塚駅の高級賃貸マンション

大塚駅は、東京都豊島区南大塚三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線の駅

山手線の駅は、同線(品川 - 新宿 - 赤羽)から分岐して常磐線を結ぶルートの開業により設置されました。当初の計画では、目白から分岐し、現在の文京区大塚(現在の東京メトロ丸ノ内線新大塚駅付近)を通るルートであり、大塚の地に駅が置かれるはずでした。しかし、後に池袋からの分岐に変更されたため、計画時の駅名のまま現在の位置に開業されました。本来、当駅周辺は「巣鴨」(巣鴨村)です。大塚駅前に巣鴨警察署があるのもこのためで、そのほか、当駅周辺や当駅より西側や南側でも「巣鴨」と名が付くものがいくつか存在しています。

駅の開業後は駅名に合わせて次第に「大塚」と呼ばれるようになり、1969年の住居表示実施に伴い、実態に合わせて現在の「南大塚」、「北大塚」となりました。駅名から町名が変更された例としては山手線沿線では他に「恵比寿」、「代々木」、「高田馬場」、「目黒」、沿線以外では「新小岩」、「中板橋」等があります。

東京都電の大塚駅前停留場としては、現存する荒川線の他に、春日、上野広小路方面への路線の停留場もありました。ただし、飛鳥山停留場の場合と異なり、現・荒川線とは線路は繋がっていませんでした。

第二次世界大戦前はデパート、花街もあり賑わっていたため、大塚に地下鉄が乗り入れる予定でしたが、大塚駅一帯は低地で、地下鉄を通す技術が難しかったこともあり、実現しませんでした。その代わりとして、当初大塚駅を設置する予定であった南の高台に東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅が開業しています。

45件の物件が該当しました。1ページ / 3ページ目)
物件並べ替え

単身者、カップル、ご家族と多方面に向けた物件も多数あり

大塚は山手線と都電荒川線の2つの路線が停車します!
駅直結でアトレができ、駅の近くには隠れた名店も多く、また、最近は駅の開発が進み街全体に影響を与え、新規オープンのお店も増えてきており盛り上がりを見せています。
若い子たちも住みやすい物件も豊富にあり、マンションアパート、一軒家と単身者、カップル、ご家族と多方面に向けた物件が各種そろっています!

新社会人&新入生 新生活応援特集

ページトップへ